トップページ > 空港探検 > ビューポイント

ビューポイント

ビューポイント

ビューポイント

国際線3F ステンドグラス

ステンドグラス

このステンドグラス作品は、日本を代表する洋画家 野見山暁治画伯の原画によるものです。福岡出身の画伯が、国際空港という、様々な国から多くの人が降り立ち、旅の楽しみに胸を膨らませるこの場所にふさわしい原画を描きました。そして原画の微妙なタッチをガラスに描画し、野見山画伯の世界を再現しました。

ステンドグラスのガラスはひとつずつ手作りで作られたドイツ製アンティークグラスで、作品全体で約100種類・約3000ピースを使用しています。原画のダイナミックさを損なわないよう、ガラスを切り分ける線、白色部分のガラスの色にこだわり、白色部分だけでも10数種類のアンティークグラスを用い、表面にある微妙な表情が美しい映り込みを作り出し、彩りあふれる光の空間を作り出します。