トップページ > 企業情報 > 会社概要

会社概要

会社概要

商号 福岡空港ビルディング株式会社
Fukuoka Airport Building Co.,Ltd.
設立 昭和42年4月1日
資本金 105億1,883万1,785円
代表者 代表取締役社長 津上 賢治
本社 福岡市博多区大字下臼井782番地1
社員数 169名(平成29年3月現在)
年商 241億円(平成28年度)

役員体制

取締役

役 職 氏 名 担当および重要な兼職の状況
代表取締役社長 津上 賢治
代表取締役副社長 池内 久男 社長補佐
事業担当
専務取締役 浅野 文郎 総務担当
株式会社福岡デューティーフリー
代表取締役社長
専務取締役 山村 毅 経理担当
IT推進担当
福岡空港エンジニアリング株式会社
代表取締役社長
専務取締役 西村 典明 営業担当
再整備プロジェクト総括
福岡空港商事株式会社 代表取締役社長
常務取締役 松家 繁 保安防災担当
旅客サービス担当
常務取締役 原  洋 企画担当
企画部長(委嘱)
福岡エアーカーゴターミナル株式会社
代表取締役社長
常務取締役 副島 広巳 施設担当
地域・広報担当
再整備プロジェクト担当
取締役(非常勤) 西尾 忠男 日本航空株式会社 常務執行役員
取締役(非常勤) 内薗 幸一 ANAエアポートサービス株式会社
取締役会長

監査役

役 職 氏 名 担当および重要な兼職の状況
常勤監査役 加藤 秀子
監査役(非常勤) 中島 俊介
監査役(非常勤) 田中 優次 西部瓦斯株式会社 代表取締役会長
監査役(非常勤) 深堀 慶憲 株式会社電気ビル 代表取締役社長

会社の沿革

当社は、昭和42年、県・市・九州経済界・航空会社の出資により、福岡空港ターミナルを建設し、運営することを目的として設立されました。
その後、高度経済成長時代を背景に航空需要は増大し、これに対応するため逐次ターミナルビルの新築や増改築を実施し、施設や設備の充実を図って参りました。
近年では、平成27年6月より、国が行う国内線平行誘導路の二重化整備事業にあわせて、東側再整備工事に着手し、国内線ターミナルビルの新ビル建設工事や全面改修工事を段階的に進め、平成29年春の完成に向け取り組んでいます。
当社は、平成29年4月に創立50周年を迎えました。
今後も、福岡のみならず、九州・西日本の発展を支える重要な公共インフラとしての役割を果たし、地域の発展をけん引する魅力あふれる施設として、地元に根付き、多くのお客様に愛される空港を目指して参ります。

営業案内

当社はターミナルビルを利用する航空会社や航空旅客などに、必要な施設、設備、ならびにサービスの提供を行う事業と併せて、旅行者を対象に物品販売を行っています。

主な事業

1.航空会社などに対してカウンターや事務室の提供、および各事業者に食堂・売店・倉庫などの貸室提供
2.旅客専用通路、手荷物引渡所、荷捌き所、ゲートラウンジなど、航空会社共用施設の提供
3.ボーディングブリッジ、到着手荷物用ベルトコンベア、館内放送設備、館内案内表示、館内専用電話など航 空会社および関連事業者共用設備の提供
4.航空旅客、送迎客などに対して、館内放送と運航時刻表示板装置による案内サービス、および到着ロビーそれぞれの案内カウンターにおけるインフォメーションサービス

付帯事業

1.国際線ターミナルビルの免税店において、外国産の酒類、タバコ、香水、化粧品、ライター、スカーフ、ネクタイ、時計、アクセサリー、ハンドバック等の保税物品および国産の酒類、タバコ等の免税品、その他一般旅行用品の販売
2.旅客や送迎客に対して、見学、送迎施設や待合室の提供、公衆電話の管理、その他のサービスの提供
3.各ターミナルビルのロビーや搭乗待合室などの空間に広告媒体を設置しての広告宣伝業

株主

福岡エアポートホールディングス株式会社

関連会社

会社名設立資本金(万円)主な事業
福岡空港商事(株) S57.07.01 4,000 酒類・煙草・服飾品・事務用備品・日用雑貨等の販売業
喫茶・食堂および娯楽施設経営
損害保険代理店業
福岡空港エンジニアリング(株) S62.07.01 3,000 建物および電気、給排水、空気調整等 附属諸設備の保守、運転、管理
(株)福岡デューティーフリー H27.10.15 5,000 酒類、煙草、化粧品、服飾品、時計類、医薬品、飲食物、雑貨等の販売
福岡エアーカーゴターミナル(株) H01.06.01 5,000 輸出入航空貨物の蔵置、荷役および貨物の取扱い
(株)JALカーゴサービス九州 S62.06.01 2,000 航空貨物・手荷物取扱い