トップページ > 企業情報 > 福岡空港全体での取り組み

福岡空港全体での取り組み

福岡空港では、空港全体でのサービスレベル向上のため、国土交通省福岡空港事務所が中心となった空港およびその関連事業者による横断的な組織にてCS推進活動を行っています。

活動内容

「そらよか大賞」

「そらよか大賞」では、お客さまから「そらよか!」と褒めていただいたり、他のスタッフから「そらよか!」と推薦されたスタッフを半年に一回表彰しています。
「そらよか」は博多弁で「それはいいね!」という意味で、「そら」は「空」も表すことから、福岡らしく、また空港らしく、そして親しみやすいネーミングにしました。
お気づきの点がございましたら、館内設置のご意見箱へ投函いただくか、こちらよりお知らせください。


お問い合わせフォーム>>
なお、お客さまの個人情報につきましては、厳正な管理の下でお取り扱いいたします。

「そらよか通信」

福岡空港で働くスタッフの中での情報共有を図るため、機関紙「そらよか通信」を年に2回発行しています。そらよか大賞をはじめとした空港全体のCS活動、各社のCS取り組みの紹介のほか、スタッフのCS向上に役立つ福岡空港の様々な情報を発信しています。 sorayoka

CS講演

福岡空港および関連事業者のスタッフを対象とし、福岡空港全体でのCSへの共通認識を持ち、またマインドの醸成およびスキルの向上を図ることを目的に、講演を開催しています。 026_20160511

CSへの取り組みに戻る