トップページ > お知らせ

お知らせ

お知らせ

福岡空港国際線旅客ターミナルビルにおけるボディスキャナーの設置について

平成29年3月30日
福岡空港ビルディング㈱

 

 福岡空港では、国土交通省が国内の主要空港に2016年度から順次導入することとした先進的なボディスキャナー(※)を設置します。

 

※ ボディスキャナーは、自動的に非接触で人体表面の異物を検出することができる検査機器であり、お客様の負担を抑えながら、円滑かつ厳格な保安検査を実現できます。

設置概要

  • (1)時   期:2016年3月31日(運用開始)
  • (2)場   所:福岡空港 国際線旅客ターミナルビル3階 保安検査場
  • (3)機   器: Smiths社(ドイツ)製 「eqo」(エコー)
  • (4)機器設置者:福岡空港ビルディング株式会社
  • (5)検査実施者:福岡空港国際線就航航空会社 各社

ボディスキャナーの仕様

表示画面

  • (1)メーカー(製造国):Smiths社(ドイツ)
  • (2)機  種     :「eqo」(エコー)
  • (3)サ イ ズ (m):高さ2.11×幅1.08×奥行2.42
  • (4)重  量     :470kg
  • (5)電波仕様     :ミリ波アクティブ方式

検査方法

  • (1)検出方法:両手を上げて被験者(お客様自身で)が360度回転(平均10~15秒間)
  • (2)表示画面:
    表示画面
  • (3)検出時間(検査機器へ入場から画像確認まで): 12~20秒
  • (4)その他 :
    • 上着などを脱いで検査機器に入り、両手を上げて自身で360度回転する。
    • 検査結果は人の形をした画像に自動表示される。
    • データはその都度消去されプライバシー保護にも配慮している。
    • 異物が検知された場合は、検査員が検知部分の確認を行う。

 

以 上

pdf1福岡空港国際線旅客ターミナルビルにおけるボディスキャナーの設置について